「秩父食べ歩き」 

一人旅

秩父神社を参拝したらコレを食べたい!

2023年は秩父へ訪れる機会が度々ありました。そこで、今年を締めくくるLananalogは「秩父神社」を参拝したら食べ歩きしたい8選に加え、休憩したくなったら入りたい喫茶店、テイクアウトにオススメの3選をご紹介いたします。

※2023年の様子になります。詳細は各webサイト等でご確認ください。

アクセス方法

アクセス

電車利用の場合:西武鉄道「西武秩父駅」下車/秩父鉄道「御花畑駅」「秩父駅」下車

食べ歩きマップ

「西武秩父駅」から「秩父神社」へ向かうルートでご紹介します。

食べ歩き8選

西武秩父駅から秩父神社へ向かう順番で、食べ歩き8選をご紹介します。

(食べ歩きマップ茶色の順番です)

みそポテト(田舎屋)

秩父といえば「みそポテト」が有名です。そこでまず寄りたいのが「西武秩父駅」から徒歩2分の場所にある「田舎屋」です。

みそポテト(400円)

注文をすると、出来立てのアツアツを出してくれました。外はカリカリ中はホクホクの揚げポテトに、甘塩っぱい味噌がたっぷり!大粒のお芋が6個入っていてお得な気分になりました。

田舎屋
住 所〒368-0033 埼玉県秩父市野坂町1丁目16−4
ASAHI KI SEIBU 102
電話番号0494-26-6810
営業時間11:00〜21:00
2023年時点

いもんぶらん(芋うらら)

番場通りを入るとすぐに見えてくるのが「芋うらら」お店の前には座ってベンチがあり、座って食べることもできます。

いもんぶらん(800円)

注文すると、作る様子を目の前で見せてくれます。

お芋のモンブランが山盛りで幸せな気持ちになります。上にゴマと蜜がかかっていて、大学芋のような味わい。ウサギの耳のようなモノはおさつチップで、ほんのり塩味なのでお口直しになります。中はアイスクリーム、秩父産のメープルシロップを使用したクッキーが入っています。ボリュームはありますが、甘さ控えめで、最後までおいしく食べられました。

芋うらら
住所〒368-0041 埼玉県秩父市番場町19−3
電話番号0494-53-9211
営業時間10:00〜17:00(火曜定休)
2023年時点
芋うらら | 秩父の芋菓子専門店、太白芋を名物としたお土産スイーツが人気
秩父発の芋菓子専門店「芋うらら」秩父の新たなお土産として、幻のサツマイモ太白芋を使用したお芋スイーツ、芋けんぴ、芋ンブラン、焼き芋やスイートポテトを取り扱っています。

コロッケ(安田屋)

こちらは創業大正五年の味噌漬けのお店「安田屋」メインは豚の味噌漬けですが、食べ歩きできるメンチカツやハムカツなどの揚げ物もあります。

コロッケ(80円)

衣がカリッとしているこちらのコロッケは、どこか懐かしさを感じる素朴なを味わいで、ソースが無くても十分においしく頂けます。お財布に優しい価格なのも嬉しいですね。

肉の安田屋
住 所〒368-0041 埼玉県秩父市番場町19−9
電話番号0494-22-4322
営業時間9:00〜18:30(水曜定休)
2023年時点
500 Internal Server Error

鹿肉の串焼き(じんじんばあ)

こちらのお店では、鹿肉や猪肉の串焼きを食べることができます。

鹿肉の串焼き(700円)

出来立てをお店の横にあるベンチでいただくことに…初めての鹿肉でドキドキしましたが、食べてみるとあっさりしていてとてもヘルシー。 噛むと深い鉄分を感じる味ですが、生臭さはなく、レバーが苦手な私でも美味しくいただけました。

じんじんばあ
住 所〒368-0041 埼玉県秩父市番場町壱15−17
電話番号050-5462-3338
営業時間11:00〜17:00(火曜定休)
2023年時点
[公式] 食彩秩父 じんじんばあ
食彩秩父 じんじんばあの公式ホームページです。鹿肉・猪肉のジビエ串焼きや秩父の名物グルメが楽しめる、囲炉裏のある郷土料理店

たい焼き(ははそたい焼き)

店主は林家たい平さんの後輩で、こちらのお店の看板はたい平さんがデザインしたものだそうです。

おぐらあん(180円)

外はカリっ中はふんわりとした食感のたい焼きですが、驚くのはあんこの量!甘すぎない粒あんが、しっぽまでぎっしり入っています。店の入り口にイスがあり、食べることができます。ドリンクセットを頼むと店内を利用することもできますよ。

ははそたい焼き
住 所〒368-0041 埼玉県秩父市番場町17−17
電話番号0494-24-2138
営業時間11:30〜18:30(火曜定休)
2023年時点

ちちぶぽてと(玉木屋)

菓子工房玉木屋では、いろんな種類の和風スイートポテトがあります。

ちちぶぽてと(216円)

一番人気の「ちちぶぽてと」

白あんの入ったスイートポテトでほろっとした優しい食感です。お芋本来の味を感じることができます。手のひらサイズでお土産にもぴったりです。

玉木屋
住 所〒368-0041 埼玉県秩父市番場町9−5
電話番号0494-22-0810
営業時間10:00〜19:00(不定休)
2023年時点
秩父庵 玉木家
秩父庵 玉木家では「秩父の風土の恵を大切に」をキーワードにお菓子作りをしています。 当店一番人気の「ちちぶぽてとシリーズ」をはじめとする美味しいお菓子をどうぞお楽しみください。

秩父カレーパン(ちちぶベーカリー)

秩父神社の近くにレトロなパン屋さん「ちちぶベーカリー」があります。

秩父カレーパン(190円)

辛さは抑えめですが、上のチーズと合わさって更にまろやかな味わいです。中にはキャベツがたっぷり入っていて食感が楽しいです。油であげていないので、ヘルシーで罪悪感なく食べられます。

ちちぶべーカリー
住 所〒368-0041 埼玉県秩父市番場町8−17
電話番号0494-22-3091
営業時間7:00〜19:00(土曜定休)
2023年時点

和銅最中(八幡屋総本舗)

秩父神社の前にある明治35年創業の「八幡屋本舗」

和銅最中(180円 )

和同開珎の形をしたこちらの最中は、パリッとした皮に、ジャリっとした砂糖の食感が楽しい粒あんが入っています。この餡は、昔から変わらない味を守り続けているそうです。

八幡屋総本舗
住 所〒368-0041 埼玉県秩父市番場町8−18
電話番号0494-22-0010
営業時間8:00〜19:00
2023年時点
和銅最中本舗 八幡屋本店 - 秩父のお土産に 和銅最中・武甲のお月さま・秩父ワインゼリー
創業当初の味わいを受け継ぐお菓子や秩父の特産物をいかしたお菓子。時代のニーズに合わせたお菓子等、八幡屋本店には、様々な味のバラエティがございます。ご用途に合わせて、是非ご賞味下さい。秩父のお土産にもお勧めです。

休憩したくなったら

食べ歩きもいいけれど、店内に入ってひと息入れたい時もありますよね。そんな場合にオススメのお店をご紹介します。

(食べ歩きマップ⭐️マークです)

モカペア(パーラーコイズミ)

ひと息入れたくなったらオススメな、昔ながらの喫茶店「パーラーコイズミ」

落ち着いたレトロな店内で、パフェやプリンアラモードなどのデザートだけでなく、ハンバーグやスパゲッティなどのお食事をいただくこともできます。

モカペア(650円)

オススメはモカペア。アイスコーヒーにたっぷりのコーヒーゼリーが入っていて、ガムシロップで甘さを調整していただきます。チェリーとミントの葉で飾られたホイップの下にはバニラアイスが入っていて、喉の渇きも、お腹も満たしてくれますよ。

パーラーコイズミ
住 所〒368-0041 埼玉県秩父市番場町17−13
電話番号0494-22-3995
営業時間10:00〜19:00(木曜定休)
2023年時点
トップ

テイクアウトにオススメ3選

おいしいものを食べたいけれど、全部食べ切れるかわからない…

持ち帰って宿泊先で食べたり、お土産にしたい…

そんな時に便利なテイクアウト。そこで、秩父に訪れたらテイクアウトしたい3選をご紹介します。(食べ歩きマップ黒丸数字の順番でご紹介します)

豚みそ弁当(野さか)

こちらは、西武秩父駅から徒歩3分ほどの場所にあります。

豚みそ弁当 並(1,200円)

口に入れると炭火焼きの香ばしさが広がります。あっさりしたロース3枚とコクのあるバラ2枚の入っていました。付属の山椒と一味唐辛子がよく合います。

野さか
住 所〒368-0033 埼玉県秩父市野坂町1丁目13−11
電話番号0494-22-0322
営業時間11:00〜15:00(日曜定休)
2023年時点
秩父名物 豚みそ丼本舗 野さか|西武秩父駅から徒歩3分
秩父名物 豚みそ丼 元祖発祥の店”豚みそ丼本舗 野さか”の公式サイト。秩父で古くから伝わる味噌漬けした豚肉を炭火焼きで仕上げる絶品の味。西武鉄道・西武秩父駅から徒歩3分。野さかの豚みそ漬けオンラインショップ営業中!

秩父わらじ豚味噌丼(祭りの湯)

秩父わらじ豚味噌丼(1,300円)

祭りの湯は西武秩父駅の並びにある、温泉やフードコートなどのある施設です。こちらのお弁当は売店で購入することができます。

わらじカツと豚味噌が味わえるよくばりな丼です。わらじかつは脂っこくなく、豚味噌は濃いめの味噌だれが豚肉に染みているので食が進みます。紐を引くと温かい丼ができるので、電子レンジのない屋外で食べるのもオススメですよ!

祭りの湯
住 所〒368-0033 埼玉県秩父市野坂町1丁目16−15
電話番号0494-22-7111
営業時間9:30〜18:30(土日祝〜19:30)
2023年時点

カツカレー(パリー)

こちらのひときわ目を引く建物は、登録有形文化財の食堂「パリー」

カツカレー(900円)

カレーは玉ねぎと肉がたっぷり入っていて、優しい懐かしい味がします。カツはボリューム満点で、冷めても美味しいこちらのカツカレーは、心が喜ぶ幸せの味です。

パリー
住 所〒368-0041 埼玉県秩父市番場町19−8
電話番号0494-22-0422
営業時間1130〜1900
2023年時点

まとめ

今回は食べ歩きに加え、休憩するのにオススメな店、そしてテイクアウトと盛り沢山でしたが、いかがでしたでしょうか?しかし、秩父には今回紹介できなかったおいしいものが、まだまだ沢山あるんですよ!池袋から特急1本で行くことができますので、何度も足を運んで、おいしいものを沢山食べてみてくださいね。

ちなみに今回の食べ歩き8選の総額は2,746円でした。

Lananananananananananananananananananananananananananananananananana

コメント

タイトルとURLをコピーしました