パワースポット「秩父神社」

秩父神社 パワースポット
秩父神社

秩父神社

今回は、埼玉県秩父市にある「秩父神社」を紹介したいと思います ( ´ ▽ ` )ノ

・秩父神社とは?

秩父神社は祭事である「秩父夜祭」でも有名な神社です。

第十代崇神天皇の時代に、初代の知知夫彦命(ちちぶのみこと)が祖神を祀ったことに始まります。

江戸時代になると、徳川家康の命により、現在の社殿が建てられ「つなぎの龍」「北辰の梟」「お元気三猿」「子宝 子育ての虎」などの彫刻が施されました。

秩父神社は「学業成就・合格祈願・開運・家内安全・子孫繁栄」にご利益があり、パワースポットでもあります。

⭐️ アクセス ⭐️

   埼玉県秩父市番場町1−3

    秩父鉄道「秩父駅」徒歩2分  または  西武鉄道「西武秩父駅」徒歩15分

・参道「番場町通り」

「西武秩父駅」から参道を歩いてみました。

秩父神社の参道「番場通り」には大正後期から昭和初期にかけて建てられた「煙草屋、カフェ、病院・・・」などの建物が残っています。

まるで時間が止まったかのよう・・・

レトロでモダンな雰囲気に包まれながら神社に向かいます。

気分は「はいからさん」♪

西武秩父駅から15分ほどで「秩父神社」に到着します。

・神社境内へ

いよいよ境内に入っていきます。

初詣や夜祭の時期は長蛇の列です

銀杏

まず目を引いたのがこちらの樹齢400年とも言われる「大銀杏」

 巻! 

こちらの銀杏は、女性の乳房のような形から「乳銀杏」と呼ばれています。

社殿の彫刻

社殿の彫刻を見ていきましょう!

日光東照宮の三猿や眠り猫で有名な「左甚五郎」の作品と言われています。

「つなぎの龍」

よく見ると鎖で繋がれています

「北辰の梟」

体は本殿を向き、顔は反対を向いて、昼夜問わず守っています

「お元気三猿」

「よく見、よく聞いて、よく話そう」という意味を現しています。日光の三猿「見ざる、言わざる、聞かざる」とは逆の意味です。不老長寿のご利益があるそうです。


「子宝 子育ての虎」

徳川家康の寅年生まれに因んで四面にわたって施されています。

「赤子には肌を離すな、幼児には手を離すな、子供には目を離すな、若者には心を離すな」

という親の心得の書いた札がありました。

・秩父夜祭

秩父夜祭は秩父神社の祭事で300年余りもの歴史があります。

京都「祇園祭」、飛騨「高山祭」と並ぶ「日本三大美祭及び日本三大曳山祭」のひとつでもあります。

山車の曳き回しや、冬の夜空に打ち上げられる「花火」が見どころです。

12月2日 宵宮(前夜祭)・ 12月3日 大 祭

迫力満点の山車の曳き回し

終わりに

いかがでしたでしょうか。

都心からアクセスしやすい「秩父神社」は、気軽に行きやすい「パワースポット」とも言えるのではないでしょうか。

参道でタイムトリップを楽しみながら散策し、「秩父神社」でパワーをチャージしてみてくださいね。

・・・「秩父神社」へのアクセス・・・

埼玉県秩父市番場町1−3

秩父鉄道「秩父駅」徒歩2分  または  西武鉄道「西武秩父駅」徒歩15分

秩父神社 : Chichibu Shrine 2018

YouTube : 「秩父神社」 散策気分を味わってくださいね!

格安レンタカー予約 スカイチケットレンタカー


コメント

タイトルとURLをコピーしました